23日 11月 2018
四條河原町から阪急にのり、数分いくと長岡京市につく。 ピーターは、この町で育った。24歳。人の話をよくきく、でも言うことは言う、 威勢のいい若者。彫がふかく、いわゆる濃い顔、カルロス・ゴーン似だ。 ママが日本人で、パパが英国人。パパは翻訳の仕事をしている。 日本の学校で大きくなったピーターだけど、日本語も英語もしゃべる、...
15日 11月 2018
「マラソンを走ろうと決めたとき、       あなたはすでに人生の勝利者だ」 ニューヨークシティマラソンのスローガンは、 市民ランナーの背中を押します。 人生まえむき、まえのめり。それがニューヨーカーです。 東京2020にむけ、マラソンが加速しています。 世界はサブ2が目前です(2時間切り!)。...
30日 10月 2018
「きょうは、どんな子がきてくれるのかな…」 このごろ毎週のように、将クラのある土曜日、 新しい子どもが見学に来てくれます。 パパやママに手をひかれ、そ~っと教室に入ってくる。 ちょっと不安げ、でも楽しいことが始まる予感。 将太郎クラブのような小さな教室でも、世の動きに無縁ではありません。 ソウタ君、ヒフミン、国民栄誉賞…活況の将棋界が...
14日 10月 2018
今月から12月までつづく、将棋界ビッグタイトルのひとつ、 竜王戦七番勝負。羽生竜王対広瀬八段。 第1局(11~12日)は、羽生竜王が先勝しました。 通算タイトル100期にむけて、幸先のいいスタートとなりました。 その前日に対局があった、新人王戦三番勝負。 藤井聡太七段対出口若武三段。 16歳vs23歳のフレッシュ対決はソウタ君、先勝。...
08日 10月 2018
今週の注目。 12日金曜に森保ジャパンのサッカー日本代表戦もありますが、 やはりここは将棋でいきましょう。 10日水曜から始まる、新人王戦、決勝三番勝負。 藤井聡太七段が決勝に進んでいます。 このタイトルの参加資格は、六段以下。 ことし四段~七段へ昇段した ソウタ君には、今季が最後の新人王タイトル挑戦となります。...
06日 10月 2018
デニ・ムクウェゲ。 ナディア・ムラド・バセ・タハ。 …呪文ではありません。舌かみそうな名前のおふたりが、 2018年ノーベル平和賞の受賞者。 本庶佑(ほんじょ たすく)さんも、 先日、医学生理学賞に決まりました。 なんで京大ゆかりの学者さんに、ノーベル受賞者が多いのか? 日本人23人中(自然科学3賞…医学・化学・物理)じつに10人が 京大がらみらしい。...
25日 9月 2018
「りっちゃん、同やん、京大はん」。 京都のじいさんばあさん世代は、立命館大、同志社大、京都大の学生さんを親しみをこめて、そう呼んでいました。 3校とも、京都の大学のイメージが日本全国に及んでいます。 立命館大学びわこくさつキャンパス(BKC)が 草津市に誕生したのは、1994年。 京都に行けてよかねえ、と地元のおばあちゃんらに...
18日 9月 2018
不在をおしむ、弔辞がたえません。 樹木希林さんが亡くなった。 あのけったいなキャラに、はじめて目をうばわれたのは TVドラマ「時間ですよ」でした。久世光彦演出の、かたやぶりな番組は当時異彩を放っていて、つづく「寺内貫太郎一家」もテレビ史にのこる 番組となりました。 「ジュリィィ~~っ」の雄たけび、あの間が、なつかしい。...
13日 9月 2018
すこし時間がたちましたが、 竜王戦の挑戦者が決まりました。 広瀬章人八段、31歳。9月6日に深浦康市九段をやぶり、 挑戦権をとりました。七度の竜王戦を制し、 永世竜王となった羽生善治竜王に挑みます。 羽生永世竜王vs広瀬八段。 広瀬八段は、竜王タイトルに初チャレンジ。 羽生永世竜王は、先の名人戦で逃したタイトル100期獲得の 記録がかかります。...
10日 9月 2018
「泣き虫しょったんの奇跡」を観ました。 映画「聖の青春」でも描かれていた、奨励会・三段リーグのきびしさ。 今回もそこにたっぷりと時間が割かれていました。 このプロ棋士をうむ“虎の穴”システム、正直どーよ?と思いました。 ここ以外の抜け穴は「絶対アカ~ン」(なぜか関西弁)、 という老害ともいえる連盟幹部さん役が映画にもでてきます。...

さらに表示する